メディカルハーブを使ったデトックス法

ここ最近、大変なブームでデトックスという言葉も一般の間に浸透してきたようです。


体に不調があれば、直して良くしたいと思うのは人情です。デトックスは、体の不調の原因である「毒素」を体外に排出させる健康法です。

デトックス法は、最近はクロロフィルを摂取する方法や、リフレクソロジーフットバス、入浴タイムを使って毒素を排出する方法など種類が増えてきています。

日常の食事を通しても、毒素を取り込んでしまうことにもなるので、「普段の食事をしばらく我慢してカラダを休ませながら毒素を出す」という「プチ断食」もありますが、食欲を我慢して、心理的に辛い思いをするのは嫌だという人も少なくありません。

無理したくない人は、自然の力で無理せず排出していく「体内浄化」を試してみるのもよいかもしれません。

ハーブのなかには、その薬用効果を認められて、体内浄化に優れているとされているものがあり、メディカルハーブと呼ばれています。


海外では、無理なく自然に毒素排出を行うためにメディカルハーブが用いられ、体内を浄化することが習慣とされている国もあります。メディカルハーブを使う方法は、ヨーロッパ、アジア、アメリカ等で伝統的に体内浄化に使われてきたものです。


その薬用効果を認められたメディカルハーブが浄化、解毒作用を持ち、さらに消化機能を改善、体力回復に繋がる働きを持ち合わせています。

外用だけだと個別に摂取するのはなかなか大変ですので、合わせて効率よく手軽に毎日続けるため、ハーブティーの形で摂取することもお勧めです。


メディカルハーブの代表的なものとして、タンポポは利尿作用、消化促進作用などがあるため、むくみ改善やダイエットにも効果があるとされており、血液浄化剤としても利用されます。


また、イエロードッグは、皮膚感染症などに非常に高い効果が得られるとされ、シナモンは、ブドウ糖の取り込みを高める作用や、血糖値低下を促進するやカラダの新陳代謝を活発 にするとされrています。

そのほか、ジンジャーは、保温効果があり、風邪、腹痛、下痢、冷え性、夜尿症に効果があるとされています。

こうしたメディカルハーブを利用したデトックスは、無理なく毒素を体外に排出させることから、最近人気が高まりつつあります。