足裏から行うデトックス

デトックスは、「解毒」や「毒素排出」と呼ばれており、身体にたまった毒素を排出させるという意味ですね。


デトックスで対象としている毒素は、代謝活動で生まれた乳酸、尿素などの老廃物、食べ物と一緒に摂取した重金属やニコチンなどの毒素です。
このような毒素が身体の中に溜まってしまうと、疲れがとれなかったり、体調不良が起きたりします。

ダイエットしてもなかなか体重が落ちにくい・・・ストレスが溜まってしまう・・・、その結果、排泄能力が落ちて、毒素がより溜まってしまい、結局体調不良を引き起こしてしまいます。

デトックスでは、体調不良の原因となりやすい毒素をいろいろな方法を使って身体の外に排出します。
そのデトックスの方法の一つで、足裏からデトックスを行うのがデトックスフットバスです。

足裏には身体のつぼが多くあり、第二の心臓とまで呼ばれています。足裏は発汗性もよいため、デトックスにもってこいの部位です。

普通にフットバスに足を入れるのですが、リストバンドを付けて、電通によりイオン化した状態で足裏の汗腺から解毒していきます。
最近では、沢山の人から支持されて、デトックスフットバスは個人用としても業務用としても販売されるようになりました。
また、デトックスフットバスは、お客様にリフレッシュして欲しいというサロンのニーズにも合っているので、最近ではエステやネイルサロン、整体、リフレクソロジーなどのサービスの一環として提供しているお店もたくさんあるようです。